• OSSの二次利用判断を支援し、ライセンス違反のソフトウェア配布を未然に防ぐ