スキルの異なる「プロ」が協業できるAI基盤の「役立ち度」解説