分からなければ聞けばよい!AI時代のデータ活用「特別チーム」